現在は必要とされていても

listening to music with a smartphone

ネットの発達と同時にlinuxが使用されることもかなり多くなってきました。
そのため、SE業界の求人募集には「linux技術者募集」という文言をよく目にします。
しかし、最近需要が高まっている技術だからといって過信するのは禁物です。
自分がlinuxに関するスキルや知識を持っているからといって、この先も安心して働いていけるとは限らないのです。
ネットというのはどんどん進化するものであり、その都度必要なスキルや知識も変化していきます。
10年先にはまた違うスキルが必要になっているかもしれません。
linuxはもはや扱えて当然のものになっているかもしれません。
そうなれば、またより幅広い分野に精通している人が重要視されることは火を見るよりも明らかです。
確かに現段階においてはlinuxは必要とされ、求人の数も増えていますが、いつ状況がガラリと変わるかわからない業界だということを忘れてはいけません。
企業によっては表面上「linux技術者募集」と言っていても、そこまで重要視していないことだってあります。
linuxという1点に長けた人間を募集しているのではなく、他の技術に関して長けているのも前提での募集であることだって多いです。
入社し、仕事を進めていくうえで誰しもがいずれはlinuxを扱うことになるでしょう。
当然そのときは先輩スタッフから指導され、知識やスキルを教わることになるので、入社当時は自分が優位に立っていたとしても、気付けば全員横並びになっていることも珍しくはありません。
就職段階のことだけではなく、将来のことまで見据えた就職活動をしましょう。